認知症の母の介護ストレスが辛い!|無料タロット占いvol.9

Reiko☆タロットの占い方レッスン☆Room

このコーナーのご説明からさせて頂きますね!

こちらは、Reikoが自分自身のことや、気になる巷の話題を占った結果などを、

備忘録として残していこうとする試みのコーナーです。

初心者の方には、占い方や解釈の勉強になると思いますので、

ぜひ参考にされてくださいね。

 

母の認知症状に冷静でいられない原因と円満に対応するためのアドバイスがぜひ欲しい!

実はこれ、タロット講座4回目からの課題である、「私を相談者とみなして、初めから通して占う練習」で、本日の生徒さんに占っていただいたものです☆

 

スプレッド★ フォースプレッド・正逆あり

相談内容★母の認知症が悪化し、便が付着したオムツパッドを部屋中に隠す行為に疲弊。目の届かない夜間の失禁を予防するために食事の内容や時間帯なども考慮。母のプライドを保つために、トイレに替えの下着・パット・汚物用バケツ等を設置。壁には目立つように張り紙をして、都度説明し、なんとかバケツにパットを入れることが出来るようになっていた。しかし最近、部屋やカバン、服の中に隠された便汚染パットを発見する頻度が多くなってきた。病気なんだから…と冷静に対処できない自分が情けなく自己嫌悪に陥る日々。母の気持ちに寄り沿った対応が出来るようになるためのアドバイスが欲しい。

相談内容、赤裸々でしょう?笑

切羽詰った相談であればあるほど、バシッと結果がでますから、講師としては、手ごたえを感じて頂くためにも真剣勝負です!

お恥ずかしいことも、弱いところも、全部さらけ出して占ってもらっています!

 

占い結果★左から

1.2枚目:原因:ペンタクルナイト、ワンド3

3.4枚目:アドバイス:ペンタクル2逆、ソードクイーン逆

 

 

鑑定結果:まず、なぜ母の問題行動に対して冷静でいられないのかという原因の解説です。

ナイトは基本的に大切な人を守るために戦う戦士でしたね。

 

ここでのペンタクルナイトは、他のナイトと比べて大変地道でじっくりと時間をかけて具体的に練った戦略を誠実に実行するナイトです。

このナイトが乗っている黒い馬は、その時代の暴れ馬だと言われており、乗りこなすことが難しい馬を立ち止まらせているという離れ業を習得しているほど、管理能力の確かさを持ち合わせているナイトです。

もう一枚の原因であるワンドの3も部下を束ねるリーダー。ある程度の成果を得ながら、今後どうのように拡大、発展していけばよいのか、その方向性を決めて行動していこうとしている様子を表しています。

この2枚のタロットカードの共通するところは、管理する、展望を抱き実行すると共に人を導くというカードですね。

介護者(私)は、このような性質を持った人物であることを示しており、母親と家族を危険から守るためにしっかりと管理している立場で介護していることを表しています。

下手すれば、それはコントロールという事にもつながりますよね。

ですが、ここでは逆位置ではないので、正常な働きと解釈します。

しかし、認知症というものは思いも寄らない行動に出る病気で、まるで生まれたての赤ちゃんのような危うさなのです。しかも階段式に認知度がガクッと落ちることから、常に気を張って見守っていなければ取り返しのつかないことになる可能性があります。

そのために、監視するようなことにもなりがちで、互いのストレスは重くのしかかり、快適ではない事が予想されますよね。

 

残存機能を保持する日常生活に留意しつつ、先手先手でリスク回避を講じていく安全思考が大事なところなので、やはり厳重に目を配る管理者のような目線に、どうしてもなってしまいます。

守るべきものは母だけではなく、母が便汚染して処理した手で様々なところを触るので、家族の健康を守るために、母のトイレのたびにチェックし、除菌シートで拭いて回る毎日。

それだけではなく、その他の生活場面でもマイペースを貫く母をできるだけ健康なライフスタイルに導くために、気にかけて促す事は山ほどあるのです。

その心の調和の難しさたるや。

なので、工夫、実行、評価の流れの中で、便汚染を隠すという対策において失敗したということに、自分の落ち度と捉えて感情が高ぶっていたんだと気付かされて、はっとしました。

自分自身に嫌気がさすほどのこの感情の高ぶりは、「あんなにてきぱきした母だったのに、なんでできなくなったの?!」という母に対しての憤りもあるでしょうが、自分の甘さ、管理に不満を感じての怒りだったのだと気付いた事は、大きかった。

元々は母のプライドを守りたいが為にとっていた私の行動選択に、もう無理がきているのだとわかったら、胸の奥がす~~~っとしたのです。

ずーーーーっと、なんて自分はちっぽけで、心の狭い、思いやりの無い人間なんだろうかと、傷ついていたからですね。

救われた思いがしました。

 

そして、アドバイスカードです。

どうしたら、母の失敗に寛大な気持ちで対処できるようになれるか?のアドバイスでしたね。

ペンタクルの2逆位置とソードクイーンの逆位置です。

 

ペンタクルの2は、大道芸人の様な出で立ちをしていますね。一見なんでもないという風に明るく困難な芸をうまくやりくりしているけれど、バックの大きくうねった波が、心の中の穏やかではない様子を表していますね。

プロの大道芸人だって人間だから失敗はあるよ。取り落とさないように必死で頑なに頑張って振舞わなくてもいいんじゃない?と言ってくれているかのようです。

そして、ソードのクイーン。ビシッと厳し目な既婚女性。まさに私です。苦笑

こうであるべきでしょう!ということに固執せず、自他共に厳しい目線になりがちだけど、思い切って肩の力抜いて、そんな思いを手放して、母と子の大事な今という時間をもっと楽しんで生きよう!

そんなメッセージを受け取りました。

母や家族のためにと思って、一生懸命見守る過程でこんがらがった感情の紐を、やっと、やっと、ほどけた気がします。

 

そんなことを改めて教えてくれたカードでした・・・*

 

最後までお読みくださり、ありがとうございました!

 

 ☆自分でこのような占いが出来るようになりたい方へ☆

副業タロット占い師デビュー講座はこちらです。

 

 

スポンサーリンク