波動療法とは(遠隔波動療法)

波動療法とは

私たちは、義務教育の中で、

「全ては原子で出来ている」と教わりました。

最新の物理学の研究では、

「全ては波動、エネルギーで出来ている」と言われています。

だとすると、私たちは波動・エネルギーそのものであり、

それらが整った状態であることが、健康であると言えますよね。

これまで目に見えないために信じがたかった「波動・エネルギー」が、

現在では、波動治療器や量子コンピュータなどの目に見える製品になりつつある中、

見える体には、見えない波動というものがあるということが常識となってきました。

これまで、エネルギーを扱うとされて怪しいと思われがちだった気功や手かざし療法、

こんなの気休めでしょうと思われていた手当て法などが、古くて新しい治療法として、

医学界から今、大変注目されています。

波動というと難しく聞こえますが、人体は電気を帯びていることから、

常に振動してエネルギーを発生させています。

分かりやすく言えば「電波を発している」ということになります。

テレビのチャンネルや、Wi-Fiなどもそうですね。

世の中のあらゆるものが、電波を発しています。

音、言葉も同じく波動を持っていますので、

音楽を聴くと癒されたり、反対に合わない波動の言葉や曲だと

調子が崩れたりしてしまいます。

人も音叉と同じように、その人特有の波動を発して、

日常的に知らないうちに周りに様々な影響を与えあっているのです。

そうなると人間の目には見えなくても、おびただしい程の電波が、

この見えない空間にひしめきあっているということになりますよね。

まるでテレビのチャンネルを合わせて目当ての番組を見るように、

癒したいところに意識(チャンネル)を合わせ、

適切な改善ポイント(ボタン)に施術することで、

波動の乱れを元の元気な状態に戻すという現象を起こしているのが、

この波動療法の原理となります。

これによって本来の自然治癒力が取り戻せるということになります。

さて、1900年以降、この物質というものは形あるもの(粒)と同時に、

すべて形ないもの(波)としての性質を併せ持っているということが、

2重スリット実験によって解明されました。

簡単に説明すると、物質は意識を向けている時は形になり、

意識を向けていない時は波になっているということです。

もうお分かりだと思いますが、いわゆる「粒」が見える体で、

「波」が見えない体(波動)という事になりますね。

見える体と見えない体は、2つでひとつ。

ならば、見えない体から治療することで、

見える体も整うのではないか、という研究から、

この波動療法は発展してきました。

当講座では、

この見えない体を機械を使わずに瞬時にスキャンする検査法を用いて、

原因を探りつつ、見えない体の波動を整えていく波動療法が学べます。

体に触らない無痛の安全な整体として、

今後の医療を支えていく未来の治療法になると思っています。

また、目の前にクライアントがいなくとも、

イメージだけで治療可能な医療でもあるわけですから、

このコロナ禍、その活用の幅は多岐にわたります。

今 医療業界では遠隔オンライン診療・遠隔手術などと、

遠隔で行う医療が取り入れられてきています。

今後、様々なシーンに役立つ治療法として、

この波動療法は医療業界の常識となっていくだろうと思います。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする