プラスアルファ@ツイート|Reiko’s TweetⅡ R2.9.25更新

こちらのツイートコーナーは、#波動を高く保つ# がコンセプト。

Reikoが、あ、これ、元気になれそう!

と、ふと思ったことや気づきを、ちょいちょいと更新していくコーナーです。

つぶやきなのでサクっと読めて、ちょっと深イイ話。

タロットリーディングにも、日常にも役立つ視点で綴ってます☆

※これまでの記事、全部消えちゃいました…泣くしかない(;;)

これから心機一転、頑張りまーす^^ R2.8.29 


タロット占いの質問の立て方とは R2.8.29 

はい、Reikoです!

母さんのプチプチ効果をご報告しようと思ったんですが、

こっちが閃いたので、今日はこの話題にしますね~

というか、皆さんにとってはこっちがお望みですよね^^;

この質問の立て方、生徒さんの苦手なもののひとつです!

コツはずばり、

「絞る」です。

そして、

「望む未来を引き寄せるにはどうしたらいいか?」です。

大好きな彼とお付き合いできるかどうか?

というような質問は残念ながら、勿体ない質問ですよ~

つきあえません、と出たら諦められる?

ダメ元でもチャレンジしたいじゃないですか^^

チャレンジしないで後悔するより、やって納得の方がいいという方は、

ぜひともタロットに、どうしたらよいかを聞いてみてください。

それは、あなたの潜在意識の声。

あなたはちゃんと自分でどうしたらよいのか知っているんです。

問題と答えはセットで存在しています。

これは法則なので真理です。

タロットは望む未来を引き寄せる人生の羅針盤みたいなもの!

お悩みだけではなく、願望達成の味方として相棒にすると心強いですよ☆彡

とはいえ、行動するかしないかは、自分次第ですけどね^^

Let’s  Try ♪


タロット占いはこわい? R2.8.30

秋の風吹いてきましたね~

嬉しいような、ちょっと切なくなるような感じがしています。

過ごしやすくていいですけどね☆

さて、今日は、タロット占いの印象について語ろうかと^^

タロットカードに興味があるというと、

他人から怪訝な目で見られそうという感覚ないですか?

私、無茶苦茶ありました!

なので、コソコソ占っていたんですが、

タロット占いを始めた幼少期には、

まったくそんなこと思いもしなかったのにですね。

でも、ある程度年を重ねてからは、どう見られているかが気になってきて、

タロットできるよ~と言えない自分がいました。

信頼していた人にも、「占いを信じる人は…」って否定されたりもしたしですね。

(それ、自分がそう思っていたからにほかなりませんけどね^^)

でも、鑑定の場には、長蛇の列。

この矛盾って何???と思ってました。

人は見えないことを信じない節があるし、

見えたら怖いという心理が働くのかもしれない。

未来が決まっているとしたら、知りたくない!というのが本音かなと。

ですけどね、未来は決まっていないのですよ。

詳しく言うと、土台(宿命的な環境:生まれた環境、家族とか)はあるけど、

それを生かして自分で創造していくものが未来なのです。

タロットは「たった今」の自分の気持ちが引き寄せる未来を見せてくれるだけ。

それを腑に落としたらスカッとしました^^

「たった今」の自分の気持ちが180度変われば、未来も180度変わります。

だとすると、タロットは自分のバイブレーションと、

その先に繋がっているであろう世界の鏡だということですよね。

人のことは良く見えるのに、自分のことはよく判らないもの。

だから、タロットに投影させて自分を客観視して自分を知るのです。

こんなに地味にすごいツールはないと私は思うのですが、

この世界を知らなければ悪いというわけでもなんでもないのです。

ただ、うまくいかない自分を冷静に俯瞰して見れて、

じゃあ、その望みにかなう自分になれるためにはどうしたらいいのか?

自分の潜在意識に協力願えるタロットという78枚のコンパクトミラーを持っていることが、

なんかいいじゃん♪と思えた方は、是非タロット占いの世界を体験してほしいと思います☆


タロットとオラクルカードの占いってどう違うの?  R2.9.1

はい、Reikoです!

今日は、タロットとオラクルカードの違いについて少し話しましょうかね。

そもそも私は、占いの館デビュー当時はオラクルカードオンリーだったんですよ!

オラクルカードは、タロットと違ってアドバイスまでもう完璧にあるんです。

で、さくっとオラクルの本を読んで覚えて試験受けたら合格しちゃったのです。

試験は真っ暗な中キャンドル炊いて、先輩占い師を占う設定が怖かったですけどね^^;

なので、意味を丸覚えして時系列の流れと相談ごとを絡めてつなげていくわけなんですが、

意味を覚えれば意外と簡単に占えるというのが、タロットとの大きな違いです。

私にとって言ってみれば、オラクルとは、ルーンや易のような感覚です。

言い切ってくれる感じがあるので、解釈に悩まなくていいという特徴はありますね!

そしてオラクルカードには種類がたくさんありますよね~ 絵柄も美しいし楽しい♡

恋愛に強いカードや、人生に強いカードなどなど、無数に存在します。

ですから、相談によって使い分ける必要も出てくるんですね。

そうしていたら、かなり揃えて覚えなければならなくなっちゃいますね。

集めるの大好きですが、いつまでも欠乏感に襲われる私はあるところで封印しました^^;

かたや、タロットの絵柄はほとんど統一されていますので、ひとつのデッキで十分!

マルセイユとライダーでは絵柄や意味合いも違ってきますけどね。

たった一つのデッキですべての相談にのることができるのがタロット。

そしてオラクルのように、解釈が限定されていないところが実に面白いところです☆

カードの真意さえ正しくとらえていれば、なんでもOKのオールマイティなタロットは、

ひとつカバンに忍ばせれば、どこででも占いができますね^^

タロットをマスターして、相談内容に特化したオラクルデッキを上手に組み合わせれば、

タロットのアドバイス読みが苦手な頃は特に、とてもいい感じで読めると思いますよ☆


すごいタロット占い師になるには?  R2.9.3

はい、Reikoです!

台風の通り道の方、大丈夫でしたか?

こちらは福岡ですが、夜中の強風はすさまじかったです(*_*;

さて、今日は、インパクトある題名でお届けしますね~^^

結論から申しますと、

「人生経験を豊富にすること」です。

膝カックンみたいになってませんか?

大丈夫かなー^^

私は、この現実世界こそがスピリチュアルだと思っていてですね。

だって、当たり前なんて全くない、キセキの連続ですものね。

生まれて生きていること

こんなにすごいことないですよね。

自分で狩りや田植えをしなくても食べられること

お金を払わなくても酸素も水も与えられること

太陽のエネルギーは活力をチャージしてくれていること

どこまでも、いきたいところへ連れて行ってくれる足があること

美しいものを見たり聞いたりできる目や耳があること

大好きな人を抱きしめられる腕と手があること

誰かを元気づけられる言葉を考えて話せて喜ばれる頭と口があること…

その存在は唯一無二

あなたが感じて歩いてきた道そのものが体の一部となって、

誰かの役に立っていくんですね。

占いの場は、興味本位の人よりも、

人生に疲れ果てて、出口が自分では見つからなくなった方が、

最後の望みをもってきてくださるところ。

紆余曲折し、

苦難を乗り越え、

前を向いて必死に生きてきた歴史を活かせる場所。

それが占いの場です。

この現実社会で生きていくことは大変で当然なんです。

だって、大変な目にあってキャーキャーいいたくて、

そこから見事に逆転かけていくスリルとサスペンスを体験したくて、

この地球にうまれてきたんですから。

とかいうと、胡散くさいかもですが、

信じられなくても、体験したことが生かせるということは信じられますよね。

占いの勉強だけしてはだめですよ~

占い片手に、自分を変えていきながら、この現実を動かしてみて。

そのチャレンジと振り返りこそが、

すごい占い師になれる最高の手段です!


タロットはなぜ当たるのか?    R2.9.4 

はい、Reikoです!

さて、今日はなぜタロットは当たるのか?

色々な記事で散々書いたり、講座で何度となく話す内容ですが、

一言でいえば、「共鳴反応」です。

共鳴といえば、物理学ですよね。

例えば、Wi-Fiの電波やテレビのチャンネルやラジオの短波。

見えないけれど、無数にこの空間に刺さるほど飛び交ってますね。

周波数が合えば、おのずとマッチングが起こり、

現実的に五感で体感できるようになります。

その現象と全く同じ。

自分の発する周波数と、同じ、または似ているものを引き寄せるということ。

ここ重要。

タロットは、まず占う目的をもって「絞る」ことにフォーカスしますよね。

チャンネルを合わします。

それがまずあって、そのチャンネルの周波数が引き寄せてくるというものが答えのカード。

だからこそ、目的と、絞ることが大事になるわけです。

ぼんやりして読みにくいな~と思う時ほど、ここがあやふやになってます。

是非今日からチャレンジしてみてください☆


タロットカードの読み方のコツは?    R2.9.7

はい、Reikoです!

台風10号の突風が忘れたころに来る程度におさまっている福岡です。

養生テープ確保に出遅れた我が家

茶色の布テープでステンドグラス風に凝って窓に張り巡らしたら、

向かいのマンションが真似してました 笑

さて今日は、タロットカードの読み方のコツをお教えしましょうかね。

結論は、「決めつけてはいけない」ということと、

そして、「78人の担任の先生になる」こと、です。

なんのこっちゃ?でしょうか^^

でも、これがヒントなのですよ~

人それぞれ、多くの可能性を秘めているものですが、

どこか際立った個性がありませんか?

あ、このことはあの人に聞こう!とか、相談しよう!とかね。

その人ならではな特徴がありますよね。

タロットカードもまさにそれ。

それぞれの個性をなんとなく把握するという感じで見てみましょう。

例えば、女教皇なら、

普段は人をジャッジしないバランス感覚があり、理性的で奥ゆかしい状態だけど、

調子悪くなると、冷静に状況判断できず、感情的になってしまいがちとかね。

そして、質問事項とカードの出方を照らし合わせてみて、この状況なら、

この子は恐らくこういう態度を示すだろうな、と予測していくわけです。

この読み方のコツはオリジナルなので、他の先生がどうかは知りませんよ 笑

こういう覚え方もあるという一つの提案です^^

試しにやってみる価値ありです☆


タロットのスプレッドは覚えるべき?   R2.9.8 

はい、Reikoです!

昨夜は母人生初の救急搬送でした🚑

初療室に入ると、以前共に働いていたドクターが他の患者さんを診察中!

心配やら、懐かしいやらで、心中ざわざわ

今日はどっと疲れてます~ 苦笑

その時刻のホロスコープ、機会があったらお話ししたい程のアスペクト。

その直前に左足の小指を強打したのが注意喚起のサインでした(´-`)

常に波動は整えておきましょう!

さて、今日はスプレッドは覚えるべきか?にしてみました。

結論を言えば、「まずは覚えて使ってみる」になります。

スプレッドがなぜあるのかといえば、

元型があれば便利ですし、活用しやすいからですよね。

恋愛や人間関係ならヘキサグラムが得意なのは、

相手と自分のカードの配置があるからです。

ケルト十字ならば、1枚を除いて残りすべて特定の人を深堀するほど、

占いたいひとりの人の事情を表しますね。

このように、あらかじめカードに質問が設定されているので、

ジャンル別の相談に当てはめやすいようになっています。

ただし、これらのスプレッドの元型も、

そのままの形で使用しなくてもよいのです。

相談に合うようカードを増やして詳しく見るようにアレンジしたり、

過去や未来などのカードを別の質問に変えてもよいのです。

なんなら、横一列にダーッと並べながら占ってもいいのですよ。

自由なんです。

が、

クライアントさんには詳しい方もおられ、

時に「ケルトで占ってもらえますか?」と依頼されることもあります。

恐らくご自身もタロットを勉強中か同業者なのでしょうね。

そんなこともあるということを覚えておきましょう。

あと、どのカードにどのような質問設定をしたかを覚えておくことだけは

もちろん押さえておくこと。

忘れないようにメモに残すようにしましょう。

これが結構侮れないのですよ。

初心者の頃は特に、絵に引っ張られてしまい、

辻褄が合わなくなってしまうことがあります。

質問がわからなければ、答えようがないですからね^^

至って普通の会話でのコミュニケーションを、

タロットカードとするという話ですかね^^

公開OKなご質問があれば、お寄せくださいね~☆


タロットの浄化法とは? R2.9.9

はい、Reikoです!

皆さんは夢が現実になったことってありますか?

私は決まって亡き父と実家が舞台となった予知夢を見るんですね。

それは決まって分かりにくい!

まるでパズルを解くような謎めいたメッセージなんですよね~

そして台風10号の日曜日の朝にまさに父さん登場の夢&右腰背部痛一時再発

でも、ちょっと訳あって今回は解読をスルーしてたのです。

そして、今朝弁当を作りながら、

「は!」と先日のこととリンクする経験をするというね。

毎回寝起きでスマホメモに打ち込んでいる夢の内容を読み返してみたら、

パズルのピースが現実と重なり、ぞっとしました…

こんな風にあなたにも重要なメッセージが夢で届いているかも!

リーディングに役立つ直感を磨く練習にもなるので気にしてみてね^^

さてと、今日はカードの浄化法ですね☆

この方法は幾つもあって、これが正解とかはありません。

ちなみに私の浄化法をご紹介しますと、

ホワイトセージというハーブに火をつけて、その煙でカードをいぶしたり、

セージのアロマをカードクロスにシュッとして、

乾いてから全体にいきわたるようにシャッフルをします。

クリスタルをカードの束の上に置いたり、

エンジェルチューナー(音叉)を鳴らしてみたり。

様々な手法がありますが、しっくりいくもの、手に入りやすいもので十分!

重要なのは「感謝と休息」なのだと私は思っています。

カードも沢山占っていたら疲れますよね。

お気に入りのカードばかり使うので、特にね。

時にはカードを「労って休ませてあげる」こと。

何事もリフレッシュが肝心ですからね☆彡

そういうあなたも、ですよ^^


なぜ同じトラブルばかり繰り返すの? R2.9.10

はい、Reikoです!

「葉加瀬太郎のエトピリカとひまわりと情熱大陸」

「きみまろの爆笑漫談」

ここ数日やたらヘビロテのReikoです^^

今日のお題は、思い当たりませんか~?

しかも、回数重ねるごとに深刻になってくるような気さえしますよね。

私は、占い師になってよかったと思っています。

なぜなら、この永遠の謎を紐解いてこられたから。

ホロスコープには自分が持って生まれた揺るぎない特徴が刻まれています。

タロットはそれを持つことで自分が陥っている今の危機を示してくれます。

占い師にならずとも、きっと自分で気づいて折り合いつけていけるんです。

でも、私はあまりにこじれているので、きっと自力では解けなかったかも。

だからこそ占い師になれたんでしょうね^^

結論をいってしまえば、「繰り返すトラブルは一生終わらない」です。

えー!!という声が聞こえます。ごめんなさいね。

正確にいうと、そのもって生まれた性質に気づいていて、

まさにその時「お、きたな」と俯瞰してみれるようになれたら、

起きがちだったトラブルのレベルが変わります。

でも、自分の潜在意識レベルでオギャーと共にあったものは、

なかなか意識に上らないし、気づけないものなのですよ。

だから、繰り返しちゃう。

で、自己嫌悪に陥って、自暴自棄になって、

さらにその低い波動が不必要な悲惨な現象を引き寄せることになる。

よっしゃ、わかった!と思っても、また引っ張られてしまう。

それ程強烈なのです。観念した方がいいのです。←きみまろ風なのは気のせい?

そんな負のループからなんとか抜け出すには、

早く「気づいて、あきらめて、赦して、手放す」しかないのです。

この「気づく」ことが出来なければ次のステップに行けないですよね。

そのために「占い」を気づくためのツールとして使いこなしてほしいのです。

人生は自分がまとって生まれたネガティブから派生するトラブルとの闘い

そして、そこから本来のピュアな自分を取り戻す過程を楽しんでもいます。

ま、ここは占い師ならぜひ知っておいてほしい世界観という位置づけで、

ちらりとお話ししていますが、生徒さんにはしっかりお話ししています。

その様な視点で、自分とクライアントを俯瞰して見つめて欲しいからです。

あなたは、とことん自分を知るだけでいいのです。

タロットカードのように、様々な顔があることを把握できればいい。

それができたら、きっと次の壁はちょっと楽に乗り越えていけるでしょう。

そう、そのために波動を整える努力もしてね。

人生に悩みが尽きることはないのですからね。

苦しいときのタロット頼み☆彡

今回の私の大きなトラブルもタロットと音楽に助けられています!

逃げないでしかと見つめてくださいね。←私にいい聞かせてます。

パンドラの箱じゃないですよ~

あなたが望んでもってきた「魂へのギフト🎁」なのです☆彡


なぜ同じトラブルばかり繰り返すの?続編 R2.9.11

はい、Reikoです!

昨日の続きです☆

突然ですが、お釈迦様(のちの仏陀)は、占いではなく(いや、勿論)

瞑想で真理を悟られたのはご存じでしょうか?

お釈迦様も人間でしたから、苦悩まみれだったわけです。

この世に苦労がなぜあるのか?どうしたら苦悩から解脱できるのか?

それを追い求めて、家族も捨て、出家するんですね~。

7年にも渡る苦行の末、何も悟れなかったお釈迦様は、

菩提樹の木の元で一切をリセットして休まれます。

そこへスジャータという娘が偶然にもってきた乳粥をいただき、

苦行を捨て、休んで乳粥かよ!と長年共にしてきたお弟子さん達にも見放されます。

今までやってきた苦行でさえ欲だ。煩悩ではないか!

お釈迦様は死を覚悟し、悟るまでここで瞑想にふけよう!と決意します。

まさに中道(中庸)に目を向けられた瞬間です。

そして、なんと翌日!やっと探し求めた悟りへとたどり着いたのです。

この話、何が昨日の内容とリンクしているかお判りでしょうか?

そうです。「観念した時に必要なものが降りてくる」ということですね!

ただ、あきらめてもだめですよ~

「やることやって、結果を追い求めない」という開き直りです。

苦労・苦悩は一生つきまとうものとお釈迦さまも知っていたからこそ、

「四諦・八正道」という悟りを解いて、伝え歩いてくださったのでしょう。

「諦める」とは「明らかにする」ということなのだそうです。

明らかにできなかったのは、がむしゃらに結果を求めていたからだったわけで、

観念すればよかったのです。

お釈迦様は、空っぽの状態で、瞑想で潜在意識と繋がって、苦悩のからくりを知りました。

それは、死をも覚悟した究極の諦めをクリアし、緩んでいたから。

「よし!頑張って悟るぞー!」と力みがあるうちは、

見つけられなかったんです。

このことは、本当に奥が深い真理となっています。

生徒さんにはこの真理の根拠まで、物理学を用いてお話ししています。

実はロジカルに紐解くことができるのですよ。

そして、私の母のがんが消えたのも、この方法を使ったからでした。

究極の願望達成のプロセスは、若干ひねりが効いていて、

初めは皆さん、驚かれますけどね。

タロットとリンクしていくので、どんどん腑に落とされていかれます^^

とにかく、その両手のこぶしを開いて、リラックスして、

今目の前のやるべきことを愚直にやりましょうかね。

自分の人生に必要なものしか現れていないのですから☆彡


占い師の役目 R2.9.14

はい、Reikoです!

さて、今日は占い師の役目について語りましょうかね。

私はこのタロット講座を開講してからは暫く鑑定を休んでいました。

私が世の中に増えてほしいと思う占い師を徹底的に育成するために、

何かをやめる必要があったんですね。

私は、すぐにのめりこんでは、寝食問わず見境なく突き進むので、

倒れる前の予防線を張る必要があったわけです。

元来の私の盲点というべき個性であり、

ホロスコープに刻まれた勲章でもあります。

これ!というものを探求し深く会得するという恩恵を与えながら、

盲目的な私にブレーキをかけてくれるストッパー的存在なわけです。

これは先日の「トラブルは何度もやってくる」という話でもありますね。

この特徴が刻まれていることを知って気づけば、

倒れてストップかけられなくても、自分でコントロールできますからね。

そんなこんなでストップして自粛していた個別鑑定

少し前から再開したんです。

とはいえ家庭での役割との両立と共に、

新講座も間もなく開講ですから、無理は出来ないので、

週に数回、知り合いの依頼で場を借りて空いた時間での鑑定です。

集まってくれた鑑定料は、地域の子供たちの成長のためにと決めています。

これが私のしたかったこと。

小さなことでも、心が清々しくて、この上ない喜びなのです。

こればっかりは、ホロスコープがしたいという。笑

無意識は、マイホロには例外なく忠実なのです。

さて、話を戻しますが、タロット講座でも生徒さんの実技では、

気づきを促しながらも、最終的には私も占いながらアドバイスしているので、

鑑定しているのとそう変わりはないように見えるのですが。

やはり、クライアントと生徒さんへのアドバイスは違うのですよ。生徒さんには、

どのような視点でカードとクライアントを見ていくかをアドバイスするのですが、

クライアントには、法則を伝えたところで「?」なわけです。

現実的に具体的にどうしたらこの危機から脱するか、という問いに対して、

よりかみ砕いて、リアルな目線と言葉で解く必要があるのです。

「目の前の人はあなたの内側を見せてくれているわけですから~」

と言っても、「は?」ですよね。

より疑問を増やしてはNGです。

生徒さんは、そこを学ばなければ、

クライアントの悩みに向き合うことはできませんから必須ですが、

クライアントにはむしろ邪魔になります。

そこで、占い師はタロットリーディングだけではなく、

語彙力、生きてきた知恵、感性も必要になるわけです。

心に響くような言葉の使い方、伝え方は占い師にかかっています。

そして、その先にあるもの

彷徨うクライアントに出口の明かりを見出してもらうこと。

その真っ暗な心に、明かりを灯してあげること。

自分の火は分けてあげても減らないですものね^^

お帰りはお互いに笑顔で見送ってあげられたらいいですね。

その偽りのない笑顔を見ていると、占い師になってよかった!と

心の底から思うのです。

そのために、占い師はどんどん失敗して、自分で這い上がって、

同情ではなく、クライアントの心の傷に寄り添える人でありたい。

こんな私なんて…といえる人程、占い師の世界にようこそ!なのです☆彡


切り札を使いこなして使い分ける R2.9.15

はい、Reikoです!

昨夕、高2の息子が「朝からずっと腹痛がしている」と帰宅。

みぞおちを摩っているので、もしや虫垂炎の前駆症状か?と念頭に置き、

たっぷり時間をかけて足裏を押しながら、久々にいろんなことを話しあいました。

虫垂の反射区は問題なかったのですが、胃の反射区が恐ろしく弱っていて、

ちょっと摩っただけでのけぞる息子^^;

かに座なので、胃腸が弱点ですからね~

施術後は、嘘のように疼痛が取れ、消化の良い夕食を摂らせて様子を見ました。

いつもとは内容が違う弁当を持たせ、今朝も問題なく登校しました。

クライアントは、その数に比例して様々な特徴があります。

昨夜の息子のように、足を押して改善するパターンもあれば、

違う日だと足ではなく、別の方法の方が効果がみられるときもあります。

同じ症状でも、ある時は気功で行こうか、とか

それともあのエネルギー療法で行こうか、とか

いや、こっちのセラピーで行こう!などと、なんとなく感覚で判ります。

その、なんとなくこっちがよさそうだという感覚は、

日頃から使っているといざという時に見えてくるんですね。

ただ方法を知っているというだけでは、実際には使いこなせません。

タロット占い師として言えば、それは「様々なスプレッドで占う」ということですね。

目の前のクライアントの相談を聞きながら、対人関係の相談だとわかると、

これはヘキサグラムがよさげだな…とピンときますよね。

鑑定に慣れてくると、まず相性をヘキサグラムでみるのではなく、

これはクライアントの内面を深堀する必要があるぞとなってケルトを先に挟んだり、

効率よい順番も見えてきます。

スプレッドは無視して確かに横一列でもいいんですよ。

質問設定さえ間違わなければ大丈夫ですけどね。

ただ、基本をしっかりクリアした方が後々の力になります。

そんな風に、ピンとくる感覚を練習で養っていくわけです。

これはもう数こなしていくしか方法はありません。

講座を受講したから、上手に読めるようになるだろうというものではありません。

生徒さんに口を酸っぱくして言うのは、「まず自分を占うように」ですよね^^

私はすぐに自分で実験したがるので癖付いていますが、

まさにこれが、何事も上達のカギであると思っています。

生徒さんでも、自主練を忠実にこなしている方の習得スピードが違います。

これは、見てきたところ例外はありません。

ですので、そこまでタロット占い師になろうと思っていないという方以外は是非、

ピン☆とくるようになるのをまずは目指して、タロット脳を働かせていきましょう!


好きなことをしよう!というのはナゼ? R2.9.16

はい、Reikoです!

このセリフ、最近特によく聞きませんか?

これにはとっても大事なメッセージが秘められているんですよ~

ズバリ、あなたの使命に繋がっているからなんです☆

幼いころ、好きで夢中になったこと覚えていますか?

継続が苦ではなく、楽しく飽きずにいつまでもやれることなかったですか?

成長に応じて、新たに気になって手掛けだしたこと、とか

とても好きな場所、落ち着く場所とか、なぜか癒される音楽とか、

買った本、欲しい本のジャンルとか…

そこかしこに、あなたの内側にある才能が散らばっています。

そして、

才能には、これまでの仕事のスキルや、

大きな壁や障害を乗り越えた経験、

思いがけないところでは、憧れとか、嫌悪の中にも含まれていたりします。

幸せの青い鳥は、隣人の青い芝生や、遠いところにではなく、

当たり前になっているあなたの身近でそっと気づかれるのを待っているんですね。

きっとすぐに気づかない人には、それなりの理由があるのでしょう。

もっと、それを確かなものにする他の人生経験を必要としているのだろうと思います。

やがて、それらは集結し、時期が来たら開花し、さすがにあなたも気づくでしょう。笑

「使命とは、自分の才能で人に奉仕していくこと。」

自分の好きなことで、楽しく努力ができて、得意になって、

あなたと誰かが満たされる感覚を味わえた時、それがあなたの使命です。

天職とは、天があなたに与えた職業、それが使命。

天は、純粋に自分の天職に生きているとき、

タダ働きは決してさせません。

使命を生きることで、失うものってないのです。

豊かな気持ちになれなければ、それは使命ではないのではないかと思います。

小さいことだと思っても構いません。

そして、それは小さくはないのです。

愛に大きい小さいはありませんよね。

愛は愛

「愛とは、結果はどうあれ人を思いやる思い。」

結果を超えたものなのです。

結果を求めず、まさにその時幸せに満たされる瞬間を積み重ねられる使命

あなたの好きなこと、当たり前にやっている仕事そのものの中に

もう息づいています☆彡

自分を占うことの効果とは R2.9.17

はい、Reikoです!

今回は、前々回の切り札を使いこなすというツイートに出てきた、

「自分を占うこと」というテーマを深堀しましょうかね。

といっても、実にシンプルな答えで恐縮ですが、

「自分を癒せると、他人を癒せる」からなんですね。

言い換えるとですよ。

「自分を癒せなければ、他人を癒せない」ということになりますよね?

これ、占い師にとってのホラーですよね!

他人を癒して、自分が癒されるというのもありますが、

占い師としては、それは無理な話ですよね^^;

自分を癒すすべがないのに、他人の悩みに首を突っ込むとどうなるか…

お互いに傷を広げることになってしまいます。

辛い胸の内を聞いてあげるということも癒しでしょう?と思われる人もいるでしょうが、

クライアントからお金をいただき、プロフェッショナルとして仕事をする場合は、

「聞く」というだけではなく、「訊いて聴く」テクニックが必要なのです。

勿論、自分のすべての悩みを癒しきれなくてもいいんです。

非常に強固なトラウマの場合は、時間かけて癒す必要があるからですね。

ただ、日常でうまくいかないことがあった場合、

その時の逆位置の感情は大事にしながらも、

それを解決に導く術を持って対処し、正位置の状態に切りかえていけるかどうか。

自分を俯瞰して見れないから巻き込まれて悩んでいるのですから、

日々、自分を俯瞰してみる癖をつけるとよいのです。

その訓練が、自分を占う自主練なのです。

自分をどんどん占ってください。

癒した分だけ他人を癒すことができるようになります。

そのツールはタロットでもいいし、タロットでなくてもいい。

いずれタロット占い師は、カードがなくても癒せるようになります。

占い師は、

クライアントが、たとえものすごい不運に見える現実を体験していようと、

全て大丈夫なんだよ!と思える最強の人生観を持てるようになるために、

自分のためにシャッフルしまくりましょう☆彡


クライアントとがん患者の共通点とは R2.9.18

はい、Reikoです!

今、がんの相談も再開しているのですが、告知直後の方でよく思うことがあります。

それは「現実を正しく見るのが難しい」ということです。

勿論、心の準備なく告知をされたら、誰でも戸惑います。

何からどう手を付けたらいいかわからない状態で、

矢継ぎ早に医師の治療の同意を求められます。

この、何が何だかわからない状態で次々にことを進めて、

混乱するだけで判断を間違えてしまうということが問題です。

自分が、状況を正しく把握し、自分でこうしていく!という決断がなされなければ、

それは誰かの計画を試しているというだけで、よい変化は望めないかもしれません。

「委ねる」という言葉があります。

一切を流れに任せて、信頼して安心している様ですね。

散々悩んだけれど、現実を正しく見つめ、正しく状況把握し、

自分で決めて正しく行うと、この境地になれます。

「自分を信じきれる」ということですよね。

自分に一切を委ねる覚悟ができて安心しているという境地です。

この状態って、占いの場に共通すること多いな~とある日思ってですね、

がんの相談を受けていると、なんだか占いの場もそうだなと気づいたんですね。

やはり、占いを求めるクライアントは、自分ではどうにもできない状態になっていて、

正しく現実を見られない状態になっているんですよね。

だから堂々巡りに悩んでいるんです。

自分ひとりの力では、気づくにも時間がかかります。

ドイツの精神科医、エリザベス・キューブラー=ロス(Elisabeth Kübler-Ross:1926〜2004年)という女性の医師をご存じでしょうか?

死にゆく人の心理過程を、「死にゆく人の5つの段階」として科学的に捉えたものを発表した、「死ぬ瞬間」というベストセラーの本の著者でもあります。

余談ですが、彼女の数秘の運命数は33。マスターナンバーです。

素晴らしい功績を残されていますよね。

命が脅かされていると知ると、キューブラーロスの段階が作動します。

以下がそのプロセスとなります。(判りやすかったので参考資料としました)

1.否認と孤立:頭では理解しようとするが、感情的にその事実を否認している段階。
2.怒り:「どうして自分がこんなことになるのか」というような怒りにとらわれる段階。
3.取り引き:神や仏にすがり、死を遅らせてほしいと願う段階。
4.抑うつ:回避ができないことを知る段階。
5.受容:死を受け入れる段階。

引用元:https://news.kodansha.co.jp/20170709_b01

悩み事も、命を失う程の域に達する可能性もあることから、

この段階を少なからず通っているように思いませんか?

クライアントやがん患者は、しっかり現実を見ればわかることでも、

見る余裕がない、見たくない、などで盲目的な状態になっています。

本来ならば、自分の問題は自分で解決できるのです。

俯瞰する状態を作れば自分で脱することができるのです。

何が問題かがわからなければ、解きようがありませんね。

但し、このキューブラー・ロスのプロセスを通るからこそ、

「受容」に到達できるということも覚えておいてください。

たとえ負の感情に巻き込まれていても、

巻き込まれた分だけ、受け入れる準備が整うのです。

クライアントやがん患者は散々その段階を経て、後押しを求めてやってきます。

その時、占い師はタロットカードに映してあげればいいのです。

医者は正確な検査データや画像を示してくれます。

目に見えない潜在している事柄がこの現実を作っているということを、

自分事として実感してもらうのです。

クライアントは悩みを客観的に見るだけで、停滞していた状況が動き出していきます。

何をしたらいいかを模索しだします。

昨日の話にリンクしますね。

なので、占い師も、すぐその場で結果を出そうとしなくてもいいのです。

きっかけを与えてあげれば、少しのヒントを与えてあげれば、

勝手にクライアントは、取り戻して自分の力で動き出します。

それを信頼するのです。

今日はおとめ座新月ですから、整理整頓、浄化の流れでしょう。

ここ数日のメッセージは、おそらくここに繋がっています。

おとめ座チックに部屋や自分自身のお片付けをしている人多いのではないでしょうか?

是非すっきり清々しい新たな自分を、この新月からスタートさせてください☆彡


愚者と戦車と秋分と R2.9.24

はい、Reikoです!

この秋分の日含む休日はいかがでしたでしょうか?

いよいよ急き立てられるように、

何か自分に決めたことがあるのではないでしょうか?

私もしっかり流れに乗り、メインとサブの仕分けをしました。

一つ、大きなメインを決定して意図すると、

バシッと脇も固まり、形が整う感じがします。

より無駄のない効率よい思考と行動力がもたらされるので、

まだの方は、是非自分の棚卸をしてみましょう!

昨夜、素敵な動画を見ました。

厳しい状態を乗り越えて成功を見事に勝ち取った女性のサクセスストーリー

といえば聞こえは良いですが、そこには多くの地道な努力が積み重ねられていました。

華やかで、軽やかに、苦労なく成功を手にすることは出来ないと言っているかのように。

このままでは、今までと同じ人生の連続だ…

その人生が過去の自分の思いの結果だと気付いたからこそ、

全ての自分のエゴと日常を放棄した彼女は、

信じられるたった一人に人生を賭けた自分を信じ、故郷を離れ上京します。

失うものなどなかったからこそ、本質を見極められた。

明日を信じて新しい自分に大きくジャンプすることができた。

失うものがないというのは、ものすごい可能性と勇気をもたらしますよね。

まるで愚者が戦車に乗ったようだと、お話を伺いながら思ったのでした。

何も持っていない様でいて、すべては既に備わっている愚者

自分の精神力だけで2頭のスフィンクスの手綱を操り果敢に前進する戦車

この2枚。

正位置と逆位置ではとてつもない結果の差ですよね。

最後まで正位置で駆け抜けゴールするかは、自分次第です。

見える現実を一瞬で逆さに覆すことができる私たちのパワーはすごいんです。

自分の直感とその選択を信じて、NO.7の戦車に乗りこみましょう。

冬至の収穫祭♪ 大いに笑いあいましょう☆彡


大変なことを楽しく攻略する R2.9.25

はい、Reikoです!

「大変なことを楽しく攻略する」

そりゃ興味あるぞ!と思っていただけましたでしょうか^^

大変なことって、メリットがないな…と思うからきついんですよね。

でも、本当にメリットってないでしょうか?

それを選んで行っている時点で、もうメリットあっているわけです。

メリットを求めてそれを選んだんですからね。

にも関わらず、それを忘れているから、愚痴がこぼれるわけですね。

何事も楽しいことばかりではいられませんね。

物事には両面がセットであるわけですから致し方ないことです。

愚痴が出るならやめれば終わるんでしょうが、そうもいかない。

何かを守るために、やらねばならぬ!となっているから苦しいわけです。

では、それを自覚して、利用したらどうでしょうか?

頭を整理してメリット、デメリットを自覚して、

両方バランスよく味わえばとてもスムーズに目的地にたどり着きそうですよね!

例えば、ん~、この私のエピソードはちょっと極端かな~^^;

まあ、お付き合いください☆

小中学と殆ど勉強に興味なく、ソフトボールに明け暮れ、

ソフトの顧問でもあった中学3年の時の担任から、

「お前、成績芳しくないな」と言われても、

「芳しくない」の意味が分からず、

褒められたと思っていた程の超おバカだったんですね~

その後、ようやく意味を知り、こりゃい行く高校がないわと入塾を決意!

しかし、これでは入れませんと受付で断られた成績を、

母が塾長に頼み込んで入らせてもらうという^^;お恥ずかしい~

晴れて今はなき時習館という香椎の塾に入り、急にスイッチ入って猛勉強!

でも、その時に関白宣言の頃のさだまさしそっくりな先生に恋をしてですね。

休み時間にちょこちょこ盗み見しに行ったりして、塾を満喫してたので、

楽しみながら偏差値が一気に13上がったりなんかしてですね。

朝、校門で私を待ち構えていた担任が、

偏差値票を「勝訴!」みたいに掲げて駆け寄ってきたほどでしたからね。

へ~。勉強って面白いんだ~!と思った瞬間でしたね。

そこから、看護学校の時は二宮金子と呼ばれる程、集中してました。

問題を解くのが面白くなるために、猛勉強をするんですよ。

その楽しい努力で、クラスで2位、学年5位をキープして国家試験合格を果たしました。

そもそも勉強って、知らないことを知るという楽しい作業なんですよね。

勿論、勉強ってきついですよね。

でも、やらされていると思うともっと苦しい。

当初は、楽しみにしていても、だんだんそうなって被害的になってくる。

そもそも、自分にとって喜びとなっていたことなのは変わらないんです。

そこをキープするには、やり始めたらキツイことにいずれなるのを見越して、

楽しむことセットでやっちゃう。

たとえメリットがあるといっても、デメリットが優位になると、

メリットも霞んでくるんですよね。

なので、その両方を受け入れたうえで、

それをすることで得られる「楽しい♪」を見つけてそこに軸を持ってくるのです。

上記の私の恥ずかしエピソードで、そこ、なんとなく掴めましたでしょうか?

メリットを意識できて保てそうであれば、

無理にこじつけて「楽しみ」を見つけなくともいいかもしれませんけどね^^

結果を追い求めて、今はまだそうなっていないことに落胆して進めていくようであれば

採用してもいいかもしれません。

あー、キツイ!なにやってんだろ~、でもこれしないとあれにならんしな~、

と思いながら、その中にある面白い!楽しい!を味わいながらコツコツやっていたら、

いつの間にか、叶っちゃった♡ということになります。

このコツ、どうぞ利用してください。

物事は、片側だけではなく、

常に表と裏のセットでしたよね。

タロットカードにも正位置があれば逆位置もあって1枚ですね。

どちらかを見るんじゃなくて、両方OK!であれること。

メリットデメリットを知って、自覚して、戦略を立てて、取り掛かる。

自分の選択は、すべて正しいのです。

疑うことはありません。

いつどんな時もあなたの選択に間違いはありません。

その過程をいかに歩いているか。

結果は一瞬。道中ははるかに何倍も長い。

その道中の景色を、

和やかに鮮やかに楽しく歩いている方が素敵ではないですか?

初めに自分を信じて手をのばしたその時と同じ気持ちでいられたら、

きっと素敵なことに繋がっているんじゃないかと思います。

今自分はどっちかに偏ってないかな~、

カードはどっち向いているかな~、

私、楽しんでるかな~と、

時々チェックしてみることをお勧めします☆彡