エンパス気質だからこそ大いに活躍できるタロット占い師

苗ポットから大根のカワイイ芽が出てきだしたので、

そろそろ深いプランターの準備に取り掛かろうかと思っているReikoです!

生ごみ堆肥は益々増えていくので土には困らないし、栄養満点自然栽培!

サツマイモも植え付けに出遅れましたけど、根付いてきて葉っぱも逞しくなってきました~

蝶々も遊びに来るし、お花ではないのでハチは今のところ素通りしてるし^^

意外とセンスあるようで、ほぼ勘でやってます。笑

ここでもタロットリーディングみたいに見えないところで会話している感じで、

何だかこうだろうなってわかっちゃうんですよね。

あー、この苗、今こうしてもらいたがっているなってこととかね。

私は幼い頃は、そういうことって誰でもそうなんだと思っていたんですよね。

小学校の卒業式、特別学級に行っていた子がひとりで黙々と何か探していて、

筆箱をなくしたらしく、静かにあたふたしていたんですね。

ひとしきり探してもないので、一緒に職員室に行くと、

先生はもう誰もいない校舎で、放送してよびかけなさいと、

中学生になるその子が自立できるようにと促していたんです。

それさえも小6の私は気づいていたんですね。

私はその子が付き添って欲しいのを感じたので帰るに帰れず、

そんな様子を一部始終 寒い廊下で見ていました。

他には誰も気にしてくれないんだなって悲しくなりながらね。

人は誰もが気づいてくれるってわけでもないんだとその後段々気づきましたけどね。

そしてそんなエンパス気質であるがゆえに散々他人軸で苦労し、長い年月を経て、

こうして占いや波動で心身を健康にするお仕事をさせてもらえるようになると、

ベースがフラットだから、対象の方のお気持ちや体調が鮮明に伝わってくるんですね。

その感覚を言葉に気を付けて表現して寄り添っていくということをしていると、

普通は見えないことへの感覚が研ぎ澄まされ、だんだん見えるようになってくるんですね。

あるとき、エンパス気質という言葉を知り、その項目にほぼ当てはまるやん!と気づき、

私ってそうなんだーと思ったら、生徒さんも結構な数エンパス気質の方が^^

やはりこのお仕事を目指される人は、この個性でこそ輝けると魂が知っているのでしょうね。

エンパス気質って全然弱々しいとかでもなんでもなく、

波動が微細で敏感な、魂である本質にもっとも近いのだと思います。

本来はワンネスである魂が個々に分離されていることの違和感を

より感じてしまう感性をもっているのではないかなと感じています。

でもそれに気付けさえすればより自分軸に整っていけるんです!

その体験を思う存分活かせる領域はまさに見えないものの代表である、

心や感情を扱う職業だと感じます。

タロット占い師は波動を読み、波動を感じて言葉に変換して表現する専門家です。

タロット占い師は同時にチャネラーでもあり、カウンセラーでもあり、コーチでもあります。

その時々によって、目の前のクラアントの求めているものにそっとフィットする感性

母なる水のように形を常に変化させ、寄り添うようにあたたかく包みこむ存在

このようなことはエンパス気質だからこそのなせる技でしょう。

もし生きづらさや他人との関係に困難さを感じている方、感じてこられた方は、

タロットリーダーという職業に目を向けて手がけていかれると、

まだ手放せきれていない重苦しい心身が軽やかになっていかれるのを実感していかれますよ。

更にはその体験が、同じような苦しみの中にいる方の希望の光になり、

喜ばれて感謝の心を呼び覚ませるきっかけを生み出す存在となるでしょう。



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする